ホーム  » ご相談事例

ご相談事例

地域別のご相談事例

最新の事例

【任意売却成功事例】仕事が減り、住宅ローンが払えないけどこのまま住み続けたい

東京都 江戸川区/男性 (35歳)会社員

ご相談の経緯 どうにか今のマンションに住み続けたいと思いました。仕事をしながら、兄弟に買い取って貰えないか相談したり、銀行に説明に行ったりしているうちに、滞納から8ヶ月経ってしまいました。
解決できないまま、ついに担保不動産競売開始決定通知書が届いてしまいました。競売のデメリットを理解していましたので、買戻しができなければ任意売却しか無い、競売だけは絶対に避けたいと思い、任意売却の専門家を探しました。
ゼンシンに決めた理由 とにかく資金が必要でした。任意売却は費用がかからないので、不動産屋に頼もうと思っていました。
ゼンシンは引越し代100万円キャンペーンを行っていましたので、依頼しました。
ご相談の結果 選任媒介契約をして、約3ヶ月で売却でき、引越し代100万円も貰いました。
このお金をもとに、絶対に再起していこうと思っております。
【任意売却成功事例】管理費、修繕積み立て費を滞納

神奈川県 川崎市/男性 (34歳)会社員

ご相談の経緯 不景気で、週休2日から週休3日になりました。休職1日分は60%分しか給与が払われませんでした。
そんな時、親の入院などもあり、色々お金がかかりました。どうにか住宅ローンは払っていましたが、管理費、修繕積み立て費を滞納しました。他に保険・税金も延滞してしまいました。
転職活動をしましたが、週5日勤務で働いても今より収入が上がる見込みがなかったので、今の会社にいて、景気が回復するのを待とうと思いました。
管理費など滞納し続けて、管理会社から催促の電話が何度もあり、ついに内容証明書の督促状が届きました。居留守状態の日々を送り、近所の人とも顔を合わせられませんでした。家族には本当に申し訳なく思っていました。
ゼンシンに決めた理由 競売関連の情報を色々調べていた時にゼンシンを知りました。引越し代100万円と大胆な広告が出ていました。これから自分がどうなるのか分からなかったので、とりあえずメールしました。
ゼンシンさんの担当者さんが私の自宅に来て、私の状況を聞いていただきました。任意売却の概要などもお聞きしました。
数日考えて、ここでこれ以上住み続けられないと判断し、任意売却をお願いしようと決めました。
ご相談の結果 住宅ローンも滞納後、約6ヶ月後任意売却しました。大和市の実家に引越しをして、家族と共に暮らしています。
残債は残りましたが、母が嬉しそうなのは何よりです。ゼンシンの鈴木社長さんには、今後のアドバイスも色々として頂けましたので、とりあえず今は、ほっとしております。
【任意売却に至らなかった事例】気づかないうちに妻が多額の借金、離婚、住宅売却

神奈川県 横浜市/男性 (52歳)会社員

ご相談の経緯 妻が家族カードで借金をしていました。ある日カードが使えなくて、カード会社に聞いたところ延滞しているといわれました。妻を問いただしたところ、ギャンブルと買い物で借金が120万円、さらに、その他で300万円のローンを組んでおり、合計420万円の借金が知らぬ間にできていました。
自宅を売って、借金を返済し、少しのお金を妻に渡し、離婚しようと思いました。
ゼンシンに決めた理由 売却相談をゼンシンさんでいたしました。愛着のある我が家は900万円でしか売れないといわれました。情けなくなり涙が出ました。それを見たゼンシン社長さんが2Fの喫茶店に案内してくれました。落ち着きを取り戻した私はゼンシン社長さんに少しだけ話しました。
ゼンシン社長さんは、「どうしても自宅を売らなきゃいけないって程の理由ではない。個人再生できるか、弁護士の先生に相談してみな。」と弁護士の先生を紹介してくださいました。
ご相談の結果 個人再生をしました。妻と離婚はまだしていません。もう少し考えます。
先走って行った不動産屋が、ゼンシンさんでよかったです。
【任意売却成功事例】親子ローンで住宅購入、自己破産は全く考えなかった

東京都 町田市/男性 (54歳)会社員

ご相談の経緯 52歳のとき、年齢的にローンが組めなくなるので、息子と広めの家を親子ローンで買いました。その後たった3年で私の勤める会社は倒産し、失業しました。私は就職先も見つからず、息子一人で毎月の住宅ローンを必死で返済してくれていました。このままの状態が長く続くわけが無い。息子に申し訳ない。という気持ちから、自宅を売却して、きれいさっぱりしようと思いました。
近所の不動産屋に売却を依頼したところ、3,280万円で売り出されました。
自宅が売れる気配は全くありませんでした。事態は急変し、息子の会社でも給与がカットになり、3ヶ月住宅ローンを延滞しました。ローンは3,300万程残っていました。息子が連帯保証人なので自己破産することは全く考えませんでした。
ゼンシンに決めた理由 銀行より任意売却を案内されました。近所の不動産屋では任意売却はできないといわれました。インターネットで調べて、大手不動産会社とゼンシンに話を伺いました。
任意売却するなら、2,800万円が妥当だと両社ともに回答いただきました。その時、ゼンシンから「当社は買取りもできます」といわれました。任意売却で依頼して売れるか分からないので、買取りもできるゼンシンに依頼しました。
ご相談の結果 依頼して4ヶ月、数人が家を見に来ました。そして5ヶ月目に売却先が決定しました。
売却先が決まらなくても、ゼンシンが買取ってくれるので、競売には絶対にならないという安心感がありました。
【任意売却成功事例】ゆとりローンで支払が倍に。ローン元金が減っていない

神奈川県 横浜市/男性 (39歳)会社員

ご相談の経緯 平成10年にゆとりローンを組み3,180万円でマンションを購入。その時の支払は8万円程度。6年目に支払額が上がり、11年目には16万円になりました。 その時のローン残高2600万円でした。借り換えしようと他の銀行に相談しましたが、その時のうちのマンションの時価が1,500万円でした。差額、1,100万円を支払えば他の銀行の借り換え可能でしたが、毎月ローンを返済するだけで大変で、貯金なんてありませんでした。
対応策を調べましたが、やはり解決方法は任意売却しか無いと思いました。
ゼンシンに決めた理由 住居の提案をしてくれる(横浜から出たくなかった)ことと、引越し代を捻出してくれるとホームページに書いてあったので、ゼンシンに依頼しました
ご相談の結果 相談後、住宅ローンの支払を止め、任意売却の交渉を債権者としていただきました。 相談してから7ヶ月後1,430万円で自宅が売却できました。その後、家族の事、通勤の利便性等を考慮した場所で、礼金なし、賃料も相場より安い物件を紹介してくれました。 引越し代も頂きました。借金返済は続きます。競売にならず良かったのですが悔しいです。
地域別のご相談事例
  • お電話のお問い合わせ : 045-231-3606
  • メールでのお問い合わせ
  • 無料クイック査定