東京のご相談事例

東京のご相談事例

ホーム  » ご相談事例  » 東京

ご相談事例

地域別のご相談事例

東京のご相談事例

【任意売却成功事例】仕事が減り、住宅ローンが払えないけどこのまま住み続けたい

東京都 江戸川区/男性 (35歳)会社員

ご相談の経緯 どうにか今のマンションに住み続けたいと思いました。仕事をしながら、兄弟に買い取って貰えないか相談したり、銀行に説明に行ったりしているうちに、滞納から8ヶ月経ってしまいました。
解決できないまま、ついに担保不動産競売開始決定通知書が届いてしまいました。競売のデメリットを理解していましたので、買戻しができなければ任意売却しか無い、競売だけは絶対に避けたいと思い、任意売却の専門家を探しました。
ゼンシンに決めた理由 とにかく資金が必要でした。任意売却は費用がかからないので、不動産屋に頼もうと思っていました。
ゼンシンは引越し代100万円キャンペーンを行っていましたので、依頼しました。
ご相談の結果 選任媒介契約をして、約3ヶ月で売却でき、引越し代100万円も貰いました。
このお金をもとに、絶対に再起していこうと思っております。
【任意売却成功事例】親子ローンで住宅購入、自己破産は全く考えなかった

東京都 町田市/男性 (54歳)会社員

ご相談の経緯 52歳のとき、年齢的にローンが組めなくなるので、息子と広めの家を親子ローンで買いました。その後たった3年で私の勤める会社は倒産し、失業しました。私は就職先も見つからず、息子一人で毎月の住宅ローンを必死で返済してくれていました。このままの状態が長く続くわけが無い。息子に申し訳ない。という気持ちから、自宅を売却して、きれいさっぱりしようと思いました。
近所の不動産屋に売却を依頼したところ、3,280万円で売り出されました。
自宅が売れる気配は全くありませんでした。事態は急変し、息子の会社でも給与がカットになり、3ヶ月住宅ローンを延滞しました。ローンは3,300万程残っていました。息子が連帯保証人なので自己破産することは全く考えませんでした。
ゼンシンに決めた理由 銀行より任意売却を案内されました。近所の不動産屋では任意売却はできないといわれました。インターネットで調べて、大手不動産会社とゼンシンに話を伺いました。
任意売却するなら、2,800万円が妥当だと両社ともに回答いただきました。その時、ゼンシンから「当社は買取りもできます」といわれました。任意売却で依頼して売れるか分からないので、買取りもできるゼンシンに依頼しました。
ご相談の結果 依頼して4ヶ月、数人が家を見に来ました。そして5ヶ月目に売却先が決定しました。
売却先が決まらなくても、ゼンシンが買取ってくれるので、競売には絶対にならないという安心感がありました。
【任意売却・リスケジュール成功】赤字経営が続き、融資返済の滞納が続き・・

東京都大田区/男性(46歳)/製造業

ご相談の経緯 小さな町工場を経営していましたが、時代の流れについていけず、赤字経営が続いていました。そして、ついに銀行の融資の返済が滞ってしまいました。そしてこのままでは工場、自宅ともに競売にかかってしまうと思い、相談を決意しました。
ゼンシンに決めた理由 私の場合、税理士の先生からゼンシンさんを紹介していただきました。税理士の先生からの紹介だったので、とにかく安心して相談できました。
ご相談の結果 工場を任意売却し、その売却代金で銀行融資の一部繰り上げ返済をし、リスケジュールも成功しました。 その後は自宅の近所に土地を借り(これもゼンシンさんの紹介)、狭いながらも工場を構え、経営を再開することができました。
地域別のご相談事例
  • お電話のお問い合わせ : 045-231-3606
  • メールでのお問い合わせ
  • 無料クイック査定