代表挨拶

ホーム  » 会社情報  » 代表挨拶

代表挨拶

十数年前、私自身、借金だらけの「どん底」でした

再生案内人 代表取締役 鈴木 正記

 私が借金だらけで横浜にたどり着いたのが十数年前。自分の実家が競売になって、経営していた会社も倒産 した事を人に説明するのが嫌で、知り合いや友達がいない横浜に来ました。どういうわけか、ここ横浜であれば再スタートできる気がしました。

 男一匹、ゼロからスタートしてどこまでやれるか…と思いついたのが、32才の時でした。最初の3年間、無我夢中で働きました。激しい借金取りの電話で、思うように仕事ができない事もありました。一番稼ぎたい時に、残務処理や、謝りの電話に追われていました。

 弁護士の先生の処に10回程行きましたが、破産申し立てしろと言われるばかりでした。誰も私の本当の気持ちを理解して下さる人は居ませんでした。

 私の本当の気持ちとは、破産申し立てにより管財人が立ち、破産案件が終決して免責が下りる事ではありませんでした。

 上記の事は弁護士の先生と裁判所がやってくれる事であって、自分自身が生まれ変わるアドバイスは、弁護士の先生から、いただけませんでした。これはあたり前の事です。なぜならば、彼らは法律に乗っ取った作業をするだけだからです。

 一度周りを見渡して下さい。借金だらけから這い上がった人や法人の社長さんなどが必ず居るはずです。まずはその人に相談するのも良いと思います。もし、居なければ私が相談に乗ります。もちろん無料です。私はあなたの話を聞いて、あなたに合ったアドバイスが出来ると思います。そのあとで、弁護士や司法書士の先生の処に行かれ たらいかかでしょうか…。

 私が生まれ変わることが出来たのは、各分野の沢山の方がバックアップしてくれたからです。このような経歴から、私は現在、ゼンシンの従業員と共に、皆様をバックアップしたいと思います。 どんな些細な事でも構いません。決してお一人で悩まずに、まずはお電話ください。 個人、法人問わず、ご相談に乗ります。

再生案内人 代表取締役 鈴木 正記